top of page
  • m-shiraishi2

株式会社FIVE ELEMENTS様ご一行

更新日:2023年7月8日

熊本のイベント会社 

株式会社FIVE ELEMENTSにモニター体験していただきました!

参加者 全員20代というイケイケの若い皆さんです!


今回のツアー内容は以下の通り

1 被災地で学ぶ防災教育ツアー

2 ジビエランチで出張レストラン

3 球磨川でサップ&テントサウナ体験

4 田舎の体験交流館さんがうらでの

ワーケション体験



それでは早速ツアーの様子を見ていきましょう! 1.被災地で学ぶ防災教育ツアー

令和2年7月の熊本県南豪雨災害において、球磨村では甚大な被害を受けました。 「豪雨災害の記憶と教訓を後世に」をテーマして、球磨川流域でもっとも多くの犠牲者を出した本村の被害の実態を来訪者に知ってもらうここと、防災・減災のための取組みの大切さを、被災地を訪れることでしか伝えられない防災教育ツアーを実施しました!



体験者の声

・多くの犠牲者がでた老人福祉施設などを実際に歩いて目と耳で災害の恐ろしさを学ぶ事ができ、防災に対する意識と地域に対する思いを深める事ができた

・いつ起きてもおかしくない災害に対して、防災意識を高める良いツアーになった。



皆さん、被災地のことについて考えている真剣な表情が印象的でした。

被災地以外の若い人たちに「豪雨災害の記憶と教訓」を伝えることが、この災害を風化させないために重要だと再確認しました!


2.ジビエランチで出張レストラン

防災教育ツアーで被災地の理解を深めた後は、みんなでジビエランチです!


田舎の体験交流館さんがうらの食事提供グループ「山の食彩ならがわ」にご協力いただいて一勝地駅待合室とホームにおいて「ジビエで昼食おもてなし」を開催しました!


メニューはカレー、シカかつ、総菜数種類でカレーだけで楽しむことはもちろん、シカカツを入れた『鹿カレー』が大人気!

総菜数種類とライスで楽しむこともできるビュッフェスタイルです!





体験者の声

・有害鳥獣のシカ(ジビエ)をカツカレーにし食べる事により、ジビエの魅力と理解を深める事ができた。

・シカかつカレー以外にも地元の総菜が数種類あり、とてもおいしかった


普段食べることのないシカカツや惣菜に皆さん大満足の様子でした!

次回以降はもっとレパートリーを増やしてお・も・て・な・しします!


3.球磨川でサップ&テントサウナ体験

みんなで腹ごしらえした後は、いよいよサップ&テントサウナ体験!

今回のツアーのメインコンテンツ!

ちなみにモニター体験当日の気温は8℃、、、


少し季節外れの実施なりましたが、初めは皆さん気合いで頑張っていました!笑

球磨川のゆるやかな淵の水面と広い岸辺を利用しながら、サップとテントサウナを楽しんでいました!


球磨川といえばラフティングが有名ですが、晩秋、冬、初春の季節ではサップとテントサウナが同時に楽しめます!サウナの後は川にダイブするも良し、外気浴で気持ち良くなるも良し!またラフティングとは違った球磨川の楽しみ方があります!


体験者の声

・気温が高くなくても十分に楽しむことができた。

・サウナが流行りの中、球磨川の魅力を感じてもらうことができると感じた。


真夏のサフティングももちろん球磨川に欠かせないアクティビティですが、

少し肌寒いからこそできるサウナ・サップはまた違った良さを体験してもらえると感じました!


4.田舎の体験交流館さんがうらでのワーケション体験

サップ・テントサウナでしっかり球磨川の魅力を満喫した後は、

しっかりワーケーションでお仕事をしてもらいます!

※ワーケションとはワーク(仕事)とバケーション(滞在型休暇)を併せた造語としての英語である。近年、コロナ渦による遠隔業務が普及・浸透するなかで、自宅勤務だけでなく地方移住や休暇滞在先での遠隔業務や態勢整備が進展してきている。



今回ワーケーションを行なってもらったのは『田舎の体験交流館さんがうら』。懐かしい校舎の中で豊な自然に囲まれながらゆっくりと仕事ができます!同施設にはWi-Fiが整備されており、ネット環境も安心!



施設内にはお風呂場や食堂もあり、

研修や団体利用にも最適な環境で

なんと露天のドラム缶風呂も満喫できます!



都会では味わえない、大自然の中でのワーケーションはいつもと同じ仕事でも良いモチベーションで効率よく仕事ができそうですよね!




体験者の声

バケーションを楽しむだけではなく、現地で仕事と休暇を切り替えるので、気持ちの切替えがしやすく効率的にリフレッシュできた。


夜はみんなで川の字になって修学旅行気分!笑

大人になるとなかなかできない体験なので新鮮な気持ちになりますよね!



まとめ

以上、今回のツアー体験の内容でした!

被災地への理解を深め、くまむらの魅力を感じてもらうことで

災害からの復興につながると深く実感しました!

皆さんが終始楽しそうにしていた姿を見て、こちらも嬉しい気持ちでいっぱいです!

もっと多くの方々にくまむらに足を運んでいただけるように、

今回のモニター体験を活かしていきたいと思います!

最後までご覧いただいてありがとうございました〜!

閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シビエBBQ

"異色の交流イベント! 棚田キャンプ×ジビエBBQで田代棚田が大成功" 棚田キャンプが美しい田代棚田で開催され、 大自然の中でイノシシやシカのジビエ肉を使ったBBQ交流会が行われました。 ※ 豪快な調理シーンと美味しいジビエの香りが広がり、 参加者たちは新たな体験に興奮しました。 地元の風景とジビエの魅力が融合した素晴らしいイベントとなりました。 ※ "ジビエの魅力発見! 有害鳥獣問題を美味しく

Comments


bottom of page